第6回(2012年・秋)金原 涼美 さん

発表者

発表タイトル

判定帰還型推定法に基づく音声強調法におけるミュージカルノイズ発生量の数理解析
電気音響 2-9-3



工夫した点

カラフルにしすぎず,重要なところが分かるようにしました.

苦労した点

やったことを並べるだけでなく,「自分の研究の意義はなんなのか」ということが伝わるように考えました.

プレゼンテーションで心がけている点

時間をしっかり管理すること,マイクに声が入るようにすること,です.

発表練習

プロジェクタやレーザーポインタを用い,本番同様のリハーサルを何度も行いました.

どれだけ遊んでいるか

休日は必ず外出して遊ぶようにしています.研究室にいる日は,集中力がなくなってきたら気分転換をするくらいです.

研究室での生活時間は?

平日は,寝るとき以外の全ての時間を研究室で過ごしています.

朝型ですか?夜型ですか?

夜型です.

お酒は研究の潤滑油になるか?

感じたことはありません.

研究スタイル

やりたいときにやりたい作業をやります.常に少し貯金があるように心がけています.

なぜ音響学に入ったか

きっかけは,研究室のデモをみて「すごい」と純粋に感動したことです.

音響学を続けるつもりか

今後は分かりませんが,チャンスがあるならば,ぜひ.

夢・目標、研究の目標

今は,キリのいいところまでやり終えたいと思っています.今後,誰かの役に立てたら嬉しいです.

なぜ今の研究を行っているか

「成果が出ればみんなが幸せになる」という先生のお言葉に興味が沸いたからです.

尊敬する研究者

音声・音響分野の諸先輩の皆様です.

喜びの一言

素直に嬉しいです.指導して頂いた皆様には心より感謝します.今後も,何事にも懸命に取り組んでいきたいです.
Comments