第10回(2014年・秋)落合 翼 さん

発表者

発表タイトル

ネットワークの内部特徴表現における音韻間及び話者間変動に基づいたDNNの動作分析
音声 1-R-6

工夫した点

今回はポスター発表であったので,どのような発表の流れや質疑の展開になるのか予想出来ませんでした.
ですので,どのような状況になったとしても対応出来るようにポスターには少し多めに情報を載せておきました.

苦労した点

緊張を如何にして紛らわせるかといった点でしょうか.
発表が始まってしまえばそれで一杯一杯になるため,緊張も忘れてしまうのですが,
発表前は元来緊張しやすい性格もあり,よくお腹が痛くなっています.

プレゼンテーションで心がけている点

如何にして,納得・共感が得られるように発表するのかといった点でしょうか.
それほど強く意識して発表しているわけではありませんが,
聴衆の反応を見てその人に頷いてもらえるように言葉を選んだり変えたりとしているような気がします.

普段の生活

直近の締切りや学会参加といったようなあらかじめ予定がある場合を除いて,
基本的にはその日の気分で生活しています.
気になることがあれば,眠ることさえ出来ず作業に没頭している時もありますが,
気が抜けていると長い昼寝をしていることもあります.

発表練習

指導教員の先生にポスター内容のチェックをして頂きました.
その後,指導教員を含めた共著者の方々の前で一度簡単に発表練習を行いました.
今回はポスターでの発表であったため,あまりしっかりとした個人での発表練習はしていません.
発表ではアドリブも多かったです.
口頭発表の場合は,緊張しやすい性格もあり,発表原稿を作って暗記するほどしっかりと練習するのですが.
今回は気負わなかったことが逆に良かったのかも知れません.

研究スタイル

楽しんでやることですかね.
仕事というよりは趣味に近いと思います.
それでいいのかは分かりませんが.

研究時間

決まった場所で研究する習慣も,決まった時間で研究する習慣もないので答えるのが難しい質問です.
強いて言えば,自分がいてノートパソコンがあればそこが私の研究室です.
時間に関しては,気が向けば土日でも一日中研究していますが,向かなければ平日でも一日中だらだらしています.

お酒は研究の潤滑油になるか?

なりません.お酒は苦手です.私の場合,研究の潤滑油は甘いものです.

朝型/夜型

間違いなく夜型です.直したいとは思っています.

ドクターになった理由

気が付いたらドクターコースへ進学する方向で進路が決まっていました.
あえて理由付けをするのであれば,研究が楽しくて続けたい,その道でご飯を食べていきたいと思ったからでしょうか.

なぜ音響学に入ったか

気がついたら音饗学をしていました.
最初のきっかけは,大学の音声認識に関する演習実験において強く興味を引かれたことだと思います.

音響学を続けるか

音饗学ももちろん続けるつもりではいますが,研究の始まりがパターン認識であったこともあり,
現在の目標は何でも認識屋さんになることです.

どれだけ遊んでいるか

友人たちとご飯を食べに行ったりすることが主ですが,ちょこちょこ遊んでいます.
気が向かずだらだらとしている時間を含めれば結構な時間を遊んでいると言えるのかもしれません.

夢・目標、研究の目標

研究者として生きていきたい.
自分が楽しいと思えることを続けていきたい.
叶うならば,研究が楽しいという今の気持ちを持ち続けていきたい.

なぜ今の研究を行っているか

知的好奇心が刺激されるから.ただ単純に興味があって楽しいから.
漠然とした理由はありますが,確固とした理由付けはあまりありません.
そういった確固とした理由付け・信念のようなものをドクターコース在学中に身に付けたいと考えています.

尊敬する研究者

今の自分には出来ないことが出来る全ての研究者は私に取って尊敬に値する研究者です.

喜びの一言

予想外の受賞に正直今でも驚いています.
頂いた賞に恥じないよう今後はこれまで以上に研究に邁進していきたいと考えています.