イベント‎ > ‎

日本音響学会2014年秋季研究発表会 ビギナーズセミナー

日本音響学会2014年秋季研究発表会@北海道学園大学 のビギナーズセミナーにおいて、本フォーラムの幹事会員の石井と宮崎が「成功するプレゼンテーション(仮題)」,井本,トレビーニョ,森川が「博士後期過程進学のススメ~博士課程の実態」について講演いたします.
秋季研究発表会にご参加の自称ビギナーの方は,奮ってご参加ください.

日時: 平成26年9月3日(水)16:30~18:00
会場: 北海学園大学豊平キャンパス7号館2階D31教室(第3会場)
内容:  音響分野において研究をスタートしたばかりの学生・若手研究者の方を対象にし、個々の研究テーマによらない「悩み」を解決する
     ことを目的として、具体的なアドバイス・経験談等を紹介いたします。特に,本学会の若手研究者によって運営されている「学生・
     若手フォーラム」と「音響学入門ぺディア」の方々にご協力頂き,より若手の視点に立ったセミナーを実施いたします。

「成功する学会プレゼンテーション(仮題)」 石井要次(千葉工業大学),宮崎亮一(徳山高専)
概要:研究における不可欠な活動の一つとして,その成果を社会へ効果的に還元することが挙げられる。これは主に,学会発表によってなされることが多い。良 質な学会発表を行うことによって,当該研究を促進し,議論・成果を広く共有することが出来る。ここでは日本音響学会「学生優秀賞」を受賞した学生の傾向を 分析するとともに,実際に受賞経験を有する学生・研究者より優秀と認められる研究発表のポイントを紹介していただくことで,若手のプレゼンテーションスキ ルの向上を目指す。

「博士課程進学のススメ ~博士課程の実態~」 井本桂右(NTT),トレビーニョ・ホルヘ(東北大学),森川大輔(JAIST)
概要: 研究室に配属されたばかりの学生にとって,大学院での研究生活,特に博士(後期)課程は謎に満ちている。しかし,学問を追求する場において,博士課程の存 在は非常に重要な意義を持つ。そこで,未来の博士課程進学者を増やすことを目標として,博士課程における日常生活や進学のメリット等を紹介して頂く。


ビギナーズセミナーにおきまして, 「音響機器の取り扱いの基礎」 朝倉 巧 様(清水建設),「統計検定・データ処理の基礎 ~T検定・分散分析ってなに?~」 坂本修一先生(東北大学)のご講演もあります.奮ってご参加ください.


Comments